LCFM ネイティブの進行状況の更新をデモで

我々は非常に我々は FM ネイティブのための LiveCode に向けて行った進捗状況に更新をもたらすことに興奮している。 我々は、まだ非常に準備ができていないものの、非常に我々がリリースする準備ができているものに近いなっているツールの初期バージョンを持っている。

このビデオでは、ツールを介して実行されている MaJic ソリューションズ株式会社が開発したわずかに微調整現実世界のソリューションを示しています。

あなたがビデオを見てから見ることができるように、プロセスはほぼ完全に自動化されています。 ユーザーの操作は、ソリューションファイル内のドラッグアンドドロップ、変換するレイアウトの選択、表示するネイティブアプリの初期レイアウトの選択、および配置オプションの設定のみが必要です。

まず、ソリューションの DDR が自動的にエクスポートされ、さまざまな段階で処理します。 DDR からレイアウトデータを抽出したら、変換するレイアウトを選択できます。

このツールは、FileMaker UI を駆動して、DDR では使用できない選択したレイアウトに関する必要な追加情報をすべて抽出します。

すべてのデータがマージされると、解析されて調整が行われ、最終的にはスタンドアロンの LCFM ネイティブ仮想マシンによって実行されるアセンブリファイルになります。

このツールは、Mac と Android への展開オプションを提供します。これは、近い将来、他のプラットフォームをターゲットに拡張されます。 あなたが選択することができます ‘ テスト ‘, すなわち、選択したプラットフォーム上でアプリを実行する, または配置する, すなわち、選択したプラットフォーム用のスタンドアロンアプリケーションを構築する.

アイコンと css スタイルは、すべてのプラットフォームで一貫して表示されます。

コンテンツは、異なるデバイスに展開されたときに元のソリューションと同じようにスケーリングします。

スクロールリストには、自動的にネイティブスクローラーが装備されています。

現在、以下の機能がサポートされています。
–基本的なオブジェクトとレイアウト
–スクリプトステップ: レコードナビゲーション、レイアウトナビゲーション、フィールドと変数の設定、検索、並べ替え、およびカスタムダイアログ
–スクリプト式: 算術演算、文字列操作、および関数の取得
–その他の機能: CSS スタイル, SVG アイコン, ネイティブスクローラー, ヘッダー/フッター/本文/サブサマリーパーツ, 条件付き書式, 非表示条件, リストとフォームビュー (編集), テキストフィールドを結合する作業, ローカルスタイルのテキスト.

私たちの目標は、我々は今できる限り迅速に構築されます全体の FileMaker の機能セットの 100% のカバレッジです。

我々は、FileMaker のコマンドを2018に行くんだ

我々は、ダラス、テキサス州では、今年の FileMaker ので展示されます。 ブース18に来て下さい!

ベータ版の事前購入

急いでいる場合は、ここで LCFM ネイティブコンパイラツールを事前に購入することができます。 ツールはまだベータリリースから数週間離れているとして、あなたはすぐにダウンロードするものを取得しないことに注意してください. LCFM ネイティブコンパイラツールへのベータアクセスを購入すると、最初のリリースの準備が整うとすぐにアクセスできるようになります。 あなたのサブスクリプションの最初の年のベータ価格でロックされます。 準備が整ったらすぐにコンパイラツールを受け取り、展開とテストには5つのユーザー展開パックを用意します。 バージョン1以降のリリースを含め、サブスクリプションが最新の状態に保たれていれば、すべての新しいリリースが取得されます。 最初のベータ版のリリースでは、ソリューションに設定されている機能全体をカバーすることはまずないことに注意してください-私たちは、我々はできるだけ早くそれを追加できるように、まだ欠落しているものを教えてあなたからのフィードバックを探しています。

LCFM ネイティブについてのお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です